みんなの医療制度 

 
>>TOPへ戻る
◎ コラム「みんなの医療制度」
61

DPCとリンクする地域医療連携――8月からスタート

60

労せず増収になる理由――追っかけ点数ラッシュ

59

DPC病院では喜びも半減?――10年度改定が答申≪2010.02.26≫

58

製薬企業の再編はあるか――新薬の価格を下げない新制度が導入≪2010.01.25≫

57

医師の喜びは微妙――2010年度予算案が決定≪2010.01.25≫

56

中医協委員の“資質”――厚労省提案におさらばを≪2009.12.3≫

55

言いっぱなしの事業仕分け――診療報酬・薬価の行方は≪2009.12.3≫

54

選挙の恨みは恐るべし――日医の中医協枠が消滅≪2009.10.30≫

53

民主支持「茨城」がいよいよ始動――日医会長選に対抗馬≪2009.10.30≫

52

地域医療再生基金もカット――「水ぶくれ」の補正予算にメス≪2009.10.30≫

51

数え切れない試金石――長妻厚労相が始動(下)≪2009.09.25≫

50

「脱・官僚」「脱・業界団体」――長妻厚労相が始動(上)≪2009.09.25≫

49

プラス改定の財源は増えるのか――次期診療報酬の行方

48

「配合剤」の功罪――後発薬の普及を妨げるか

47

基本診療料のやりとりはおあずけ――次期改定の議論スタート

46

DPC病院で入院初期の点数を引き上げ――調整係数の廃止で

45

医療再生の小槌は都道府県に丸投げ――補正予算で大盤振る舞い

44

DPC制度への出入りが自由に−厚労省は消極的

43

根拠に基づく政策立案の難しさ―厚労省の“出直し”かけた報告書

42

日本の薬価制度は本当に良くないの?−見直し議論が本格化

41

OTC薬ネット販売の規制が確定―患者の訴えで終止符

40

「中くらい」の社会保障制度へ―ぶれない?麻生政権

39

とにかく増やせ後発品―促進策にかかる費用は「無制限」?

38

標準医療を実施すれば報酬加算?―DPC新係数の青写真

37

医療政策は「茨城」から発信?−影響持ち続ける民主党

36

抜本見直しの正体は「65歳以上」?―後期高齢者医療の迷走続く

35

それぞれの悲喜こもごも−OTC医薬品の販売制度改正(下)

34

副作用のリスクで3分類−OTC医薬品の販売制度改正(上)

33

終わりなき混合診療の議論−ちょっとヘンな規制改革会議の論拠

32

厚労省はいったい何が問題なの?−有識者が見直しの懇談会

31

舛添厚労相の補佐に医師2人−福田改造内閣の行方は

30

「DPC」の急速拡大にちょっと待った―次回改定で“締め出し”も

29

超大型の後発医薬品が発売―医療費抑制の効果は?

28

「完璧」求めると一歩も進まず−死因究明制度が立ち往生

27

年金「全額税方式」で医療は枯れる−国民に選択肢を

26

処方せんの「変更不可」にわざわざサイン−組織決定の医療機関も

25

地域医師会が定額報酬にそっぽ−後期高齢者医療制度 (下)

24

2年の準備期間があっても混乱−後期高齢者医療制度 (上)

23

「地域の一般病院」はお呼びでない?−厳しい社会医療法人の要件

22

もう1年様子を見ては−「療養型老健」の報酬決まる

21

「勤務医対策」ホントに効果あるの?−08年度診療報酬改定

20

大阪府医師会の対応は−日本医師会長選挙近づく

19

08年度診療報酬改定−わずかに引き上げ

18

医療事故は厚労大臣に届け出−「調査委員会」の法案提出へ

17

後発医薬品の使用推進をさらに強化−処方せんを再び変更

16

勤務医の負担軽減策を打ち出す−初再診料を引き替えに

15

自治体病院は3年で黒字化を−総務省の指針案が確定

14

費用対効果の検証も必要−禁煙指導の保険適用

13

患者の視点は置き去りに−診療科名の表示見直しが決着

12

医療事務補助者の人件費をどう手当て−勤務医の負担軽減で

11

後発医薬品の使用などで社会保障費を削減−08年度予算シーリング

10

自治体病院がなくなる日−総務省が改革求める

9

1人に1枚の社会保障カード−年金記録問題のどたばたの末に

8

療養病床再編で国が追加の支援策−借入金の借り換えも

7

喫煙率低下の数値目標はかなわず−がん対策基本計画

6

政府・与党が医師確保緊急対策−ホントに長続きするの?

5

いつまで海外にツケを回すのか−臓器移植法改正にけりを

4

厚生労働省が「総合科」の新設を提案−診療科も整理

3

手続きは整っても…−延命治療中止の指針が決定

2

司法捜査だけでは限界−医療事故の調査委員会が設置へ

1

政治主導の朝令暮改−リハビリの診療報酬が「再改定」